ホーム > ファクタリング > ファクタリングの貸金業法での違反例などみてみよう

ファクタリングの貸金業法での違反例などみてみよう

ファクタリングは貸金業法に該当するものではありません。これは多くの方が知っていると思いますが、同時に似てるよな、グレーゾーンって感じがするけどどうなんだろう?と思っている方も多いと思います。そういった中で、やはり悪徳業者も実際にいるんですよね。よくある話としては、債権を担保にした貸付ですよね。これがファクタリングと非常に似ていますので、巧妙な手口に騙されてしまう方も少なくありません。

 

ファクタリングの貸金業法での違反例

 

こういったサイトの中で紹介されているような違反例は結構多く存在しています。やはり、詐欺的な行為をして儲けようとする方は、こういったグレーゾーンにあるサービスを上手く活用するんですよね。

 

しかし、しっかりとファクタリングというものがどういったものかを知っていれば、問題なく活用することができます。そういった面を含めて考えると、やはりしっかりと事前にファクタリング会社の情報を把握したり、そもそもファクタリングとはどういったものなのか、触りだけではなくしっかりとした情報を得ておく必要があります。

 

情報収集はなかなか難しいものがありますが、最近ではインターネットで簡単に収集することができるようになってきていますので、調べてみるようにしてみてくださいね。